3月29日作業

<本日作業>スポット研修のM君、K君とともに

・早朝作業で調整、袋詰め

・刑部圃場 土作り 

①投入資材は以下のとおり(数量は特記無き場合は7a全体の合計量) ハタケシメジ廃菌床散布3.5t 米ヌカ油粕ボカシ3袋 牡蠣から石灰60kg 木灰(近所の薪ストーブの灰)40kg 以上全面散布。試験区散布は、竹チップ5袋(200L)/2a 生シイタケ廃菌床300kg/2a 竹炭4袋(100L)/2a。

②資材投入後トラクターにてすき込み

③緑肥播種 クリムソンクローバー1.5kg アンジェリア古い種1kg新しい種0.6kg カラシナ1kg 

④パンジースパイラルロータにて覆土撹拌

<コメント>

・今朝も早朝作業は効率よく進んだ。

・刑部圃場はサンプリングしたところ腐食の少ない水はけの悪い土だったので、徹底的に土作りをすることにした。さらにこれまでから気になっていた有機物資材の効果を明確にするために、(A)ハタケシメジ廃菌床のみ、ハタケシメジ廃菌床+竹チップ、ハタケシメジ廃菌床+シイタケ廃菌床の比較 (B)竹炭有無の比較 を行い、緑肥および作物(夏のサトイモ、秋冬のブロッコリー)の様子を観察することにした。

・ご近所から運搬車(500kg積み)をお借りして廃菌床散布に使ったがこれは非常に効率よい。軽トラは二人いてもひとりが運転しなければならないが、運搬車は二人で同時に散布ができるので早い。さらに荷台が低く疲れない。なかなかの優れものだ。

・スポット研修のお二人のおかげで1日で刑部圃場7aの土づくりが完了した。ありがとう!!

Hey Visitor!