4月2日の作業

<本日作業>

・長岡京の友人宅で竹チップ回収。毎回45L×18~20袋=800~900L 重量にして320~360kg。

・かめおか四季菜訪問 大原で有機農業を営むKさん、財団法人地域公共人材開発機構のNさんと出会った。

・後野 九条ネギ(スタッフTさん)、白菜ナバナ、脇芽ブロッコリーの収穫

・後野 実エンドウ支柱立て(スタッフTさんと一緒に)2畝完成 3畝目途中

<コメント>

・竹チップは1回に運ぶ量はたいしたこと無いが、毎週運ぶので1ヶ月で1.4トン、2ヶ月で2.8トンくらいか。1反あたり1トンくらいで良いようなので2ヶ月で約3反分の竹チップが確保できるということになる。毎回友人宅で1時間くらい袋詰めにかかるが、友人といろいろ話をしながらの作業なのでそれなりに楽しいし一石二鳥ということにしておこう。

・竹チップを運ぶ方法としては、収穫コンテナ(俗に言う深コン)が作業時間的にも、車のスペース的にも最も効率的であり、かつ雨天でも屋外保管可なのでベストの方法。効率的には2番目が米袋だが雨天時に屋外保管は不可。効率的には3番目が土嚢袋だが雨天時でも屋外保管可。容器(袋)が自立できるかどうかが第1のポイント。これは意外な発見である。堆肥の運搬方法などにおいても応用できる。

・かめおか四季菜では、事務局のIさんによっていつも新しい人を紹介していただく。なかなか面白い。

Hey Visitor!