7月12日 生態系をどこまで維持するか(ナス除草にて)

<本日作業>

・収穫 賀茂ナス 緑ジャンボナス ミニトマト 鷹ヶ峰トウガラシ

・奥の谷 ジャガイモ掘り続き 2度掘り返して完了した

・公園横 ナス圃場 畝上の除草、電気柵周辺除草 刈り払い機+手除草

<コメント>

・朝天気が良く、天気予報でも午後からのにわか雨予想だったので昨日掘り取ったジャガイモを庭に広げて胡麻に出発したら午前中に結構な雨が降ってしまい濡らしてしまった。ぬれたままほって置いては腐ってしまうのでとりあえずコンテナに入れて明日干すまでの間保冷庫で保管した。

・ナスおよび混植のセロリにずいぶん草が覆いかぶさっており、刈り払い機で除草した。スピードをあげて除草するとトノサマガエルが逃げ切れなくなって何匹か殺してしまった。ゆっくり進む、畝間の溝部分は高刈にしておく、などの工夫をして後半はカエルを殺さずに済んだと思う。せっかく天敵であるカエルを大事にしていたのに草刈で殺してしまっては意味が無い。でも草が多すぎると生育悪くなったり病気になるし、手除草では時間(コスト)がかかる。どのあたりがバランスがよいのか。。この答えを出すにはあと5年かかるのかもしれない。

Hey Visitor!