1月25日 源助大根の軟腐病対策

<本日業務>

・3号ハウス マーシュ除草、移植

・2号ハウス 源助大根軟腐病対策(食酢20倍液噴霧、木灰散布、苦土石灰粉末散布の3パターン比較)

・公園横 ナス畝跡地にEM+糖蜜200倍液 ジョウロにて散布

・後野 ハクサイ、九条ネギ収穫

・下山グリーンハイツバス停横 落ち葉・腐葉土集め

<コメント>

源助大根の肩の土から露出している部分が、一部の株で軟腐病にかかっている。まずは除草と下葉を落として風通しを良くした上で、天然由来農薬として、食酢、木灰、苦土石灰をそれぞれ散布してみた。3種類の天然由来農薬は効果があるのかないのか。今後の違いを観察しよう。

下山の旧国道27号線沿いに落ち葉の吹き溜まりがあり、以前から目をつけていたのだが、今日はちょうど時間が取れたので研修生M君と一緒にでかけて軽トラの荷台いっぱいに落ち葉と落ち葉の下にあった腐葉土化したものも取れるだけとって持ち帰らせていただいた。落ち葉は、集めること、車に積み込むことが大変なのだが、道路際に吹き溜まっていると非常に楽だ。しかも長年掃除されていないらしく下のほうは腐葉土化している。超ラッキー!

Hey Visitor!