3月6日 底面潅水システム用ラック作り

<本日業務>

・収穫 調整

・3号ハウス ハタケナ除草

・底面潅水システム(NALシステム)用 ラック作り

・刑部 1畝だけ残っていた春大根にトンネルかけ これで合計4畝160m分に播種、トンネル完了。

<コメント>

今年から本格的に苗販売を始めることにした。そのために大量に育苗する必要がでてきて、そのための施策として底面潅水のシステムを構築することにした。昨年秋の展示会でであった京丹後市のNALという会社が開発した、ネットに水をかけ流しで底面潅水するシステムを採用することにした。底面潅水は表面と底面の水分分布からすると実際の圃場に近く、良い方式ではあるが、従来のプールやお皿方式ではレベルを厳密に出さないとムラが出るうえに完全に排水することが難しく、根腐れを招く恐れもあり躊躇していたが、NALシステムはそれらの課題を解決した方式であり、ちょっと手間と初期投資はかかるが採用することにした。このシステムを採用することで自動潅水も可能となり、液肥技術と組み合わせることで省力高品質の育苗が可能となる。インターンMHくんもその主旨に賛同してくれて、カンパまでしてくれて、ラックの組み立てもがんばってやってくれている。大変ありがたいことだ。感謝感謝感謝!!!

Hey Visitor!